前へ
次へ

離婚裁判をしても離婚できないことがある

離婚裁判は、法定離婚原因が存在しないと離婚することができません。法定離婚原因は、たとえば、不貞行為・悪意の遺棄・3年以上配偶者の生死が不明なときなどの場合です。他にも、これ以上婚姻を継続することが難しいと判断できる事由があった場合には離婚できますよ。これは、比較的解釈に幅を持たせることができ、裁判所が個別具体的に離婚を認めるか判断します。法的離婚原因が存在しない可能性が高い場合には、裁判をしても裁判費用や弁護士費用が無駄になる恐れがあるのでよく考えましょう。離婚をするためは、必ずしも離婚裁判をしなくてはいけないということではありません。離婚調停は、離婚理由が無くても申し立てることは可能です。裁判官や調停委員などの専門家が、話し合いに入ってくれるので後悔の無い離婚をしやすくなります。さらに、協議離婚というのもあります。これは、夫婦が離婚に合意して、離婚届けを出すだけでいいというものです。後悔することを防ぐために、協議離婚をする際に弁護士に相談するのが好ましいと言われています。

Page Top