前へ
次へ

これだけは押さえたい離婚裁判に関する知識

訴訟は通常いきなり提訴することができるものです。しかし、離婚裁判に関していえば、離婚調停を行う必要があります。万が一、離婚調停を経ずに離婚裁判が提訴された場合には、裁判所が調停で問題が解決できると判断した場合には裁判所の職権で調停にすることになります。因みに、調停とは、勝ち負けを決めるのではなく、当事者同士は話しあい合意して、問題解決を図るというものです。調停の際には、裁判官または調停官以外にも、調停委員が話しあいに立ちあいます。離婚裁判に弁護士を利用する人も多いですが、その場合の費用の目安は、100から200万程度が相場です。現在の弁護士事務所は各々判断で自由に依頼料を決定することができます。そのため、同じ内容でも依頼先により提示される費用は異なってくるのが現状です。費用の方はファイトマネーに該当する着手金、利益が出た場合の成功報酬、事件解決のための実費などが請求されます。依頼先によっては、請求される費用が倍違うこともあるそうなので、念のために複数の弁護士事務所に費用のことを確認した方がいいでしょう。

Page Top