前へ
次へ

離婚裁判に備えるためには何が必要なのか

離婚裁判は、協議離婚が不調に終わった場合の最後の手段として位置づけられており、夫婦の関係性や離婚の事由によっては一年以上にわたる期間が掛かることもあります。特に、配偶者の不貞行為などの理由で離婚裁判の提起をするにあたっては、証拠書類の提出が必要となったり、何度も家庭裁判所まで足を運ばなければならなかったりすることもあり、じっくりと将来に向けて計画を立てることが肝心です。多種多様な民事裁判を扱っている法律事務所の中には、離婚裁判を希望する依頼者に対するサポートに力を入れているところがたくさんあり、最低限の費用で満足のいく対応を受けることができるようになっています。また、事務所によっては無料で離婚裁判の必要性について、担当の弁護士と相談できるサービスを用意しているところもあります。そのため、離婚に関する難しいトラブルを解決するうえで、まずは時間をかけて信頼できる事務所を探してみると良いでしょう。

Page Top