前へ
次へ

離婚裁判は非があるほうが提起はできない

離婚裁判は実は自分に非があるほうが起こすことができるわけではないということになっています。つまりは、浮気をしたので離婚をするということが前提になっていたとしても浮気をした側が離婚を求める離婚裁判を起こすということができないようになっています。離婚裁判では決まらないというようなことはないので条件が決められるということにはなるのですが非があるほうがその提起ができるようになってしまう、それを認めてしまうと社会的によろしくないということがありますのでできないようになっています。また、いきなり裁判というわけではなくても調停というのがまずは行われることになります。民間から選ばれた有識者のような方々と話をして再構築を流されたりということもありますし離婚に向けて話が進むということもあります。しかし、それでもお互いに納得ができないとか認められないような条件になってしまっているというような時に裁判を起こすということになるわけです。

Page Top