前へ
次へ

離婚裁判の大前提なこととして

離婚裁判はなかなか揉めることが多いです。まず揉めるからこそ、そうした裁判をするということになりますから、そんなにすんなりと離婚裁判が進むという事の方が珍しかったりします。いきなり家庭裁判所に離婚訴訟を提起できるわけではなく、最初は離婚調停を経なければならないことになっていま。裁判の判決によって離婚を求める場合には相手方の離婚原因があるというのが前提になります。つまりは、離婚したいからといって、自分が他の人を好きになったから別れてほしいと言ったようなことで離婚裁判を起こすというのが不可能という制度になっています。よくよく考えると実に当たり前なことであり社会的にはそれが正しいと言えることになりますが、とにかくこれは離婚裁判において大事な大前提になりますので覚えておきましょう。裁判をするということになりますと基本的に弁護士に依頼することになりますから、その分、費用が嵩むということも理解しておきましょう。

Page Top